BLOG

答えの多様性
2013年09月30日

GEMSを体験された方からよく言われるのは、「答えが一つでないところが楽しくもあり、難しくもある」ということです。 … これは、本当にその通りだと思います。私たちが受けてきた教育は、明確な一つの答えがあるものが多いですから。
答えが一つに絞られるような教育が悪いというわけではありません。むしろ、私たちの生活を支えているのは、数値によってビシッと答えが定まるような学問です。科学や数学は、こちらの要素が強いように思います。しかし、それとは別に、答えが一つでないという教育にも価値はあります。これは、私たちの生活を豊かにしているものだと僕は思っています。文学や哲学など、解釈によって無限に広がる学問は、尽きることなく僕たちの興味を惹きつけます。

GEMSは、日本の理数教育ではこれまであまり見られなかった後者の視点を取り入れているところに特徴があります。なので、毎回たくさんの答えが想定できます。ただ、それは「明確に一つの答えを出す」教育と対立するものではありません。GEMSは、子どもたちに「明確に答えが出ない場合もあるよ」とささやいているのです。

だから、明確な答えを出す勉強と並行してやることで初めてGEMSの良さがわかるし、普段の勉強を違った角度で捉え直すこともできるのだと思います。 指導者からすると扱うのが難しいときもあります(正直、僕もよく想定してなかった回答の扱いに悩まされます汗)。しかし、それと同時に子どもたちの発想の豊かさはいつも驚きと楽しさを与えてくれます。

GEMとは英語で「宝石」を意味します。子どもたちの中に眠る原石は一人一人違います。「答えが一つでない」というGEMSのプログラムは、子どもたちに自分らしくあるということを教えてくれているように思うのです。

 

ジャパンGEMSセンター研究員

鴨川 光