BLOG

GEMSはどうして“科学の専門家”を起用しないのか
2017年04月21日

こんにちは。かもです。

おかげさまでGEMSもだんだんと広がってきて、最近ではついに土日が全部ワークショップなんて月も出てきました^^
そしてたくさんの人が応援してくれるようになると、もっとGEMSを広めようといろいろなアイディアをいただきます。
その中でも多いのが、「プロの科学者とコラボしてみてはどうか?」というもの。GEMSのプログラムは全体的にふわっとしているので、本当はすごいことにつなげっているんだぞというゴール像を示すとよいのではということです。ふむふむ、なるほど。

そんな話を聞いたGEMSリーダーの方が先日メールをくれました。

********************

リーダーを取った時、特にピーチのプログラムをやった後、私自身もすっきりせずに講師の方に色々質問させていただいたのを思い出しました。何が伝えたいのかわからない、なんとなくはわかる気もするけれど、漠然としているというか、はっきりしたゴールがないので釈然としない、ような感覚。まさに結果ありきの授業しか受けて来なかったからなんでしょうね。

ほかのGEMSのプログラムも、原理を説明しないところなどすっきりしない部分は最初のころ違和感として感じる部分はありました。一応理系出身だからなのでしょうか。でも、GEMSを開催しながら、もっと勉強していくにつれて逆に納得できてきた部分でもあります。

a

勝手な私の偏見ではありますが、研究者は理数系分野の山のてっぺんを目指し登り続けている人、もしくはその頂上近くにいる人な印象です。その山は理系苦手な人から見たら、とてつもなく高く険しい山で、近づこうともましてや登ろうなんて思わない山。でも、山のすそ野って結局はただの地面にそのままつながっているわけで、誰しも生まれた時からその上に降り立っているわけです。

遠くから見たら高い山も、すそ野はなだらかで知らない間に自分はその途中に立っている、そのことに気づかせてくれるのがGEMSなのかな、と思っています。もしくは、公園にある小さな山の登り方や山歩き、ハイキングの面白さに気づかせてくれるもの。そこから本格的な山登りに興味を持ったらその道を選べばいいし、そうじゃなくてもいい。

登山というとハードルが高いけど、坂道はみんな普段も登ってる。レベルは違うけど、それを少しずつレベルを上げていったものが登山になる感じで、日常と科学や数学をつないでくれる(本来つながっているけどなかなか気づけずにいるから)のがGEMSなのかな、と。

CIMG2068

だから、少し山歩きをしてみようかな、という人にエベレスト登頂経験者の話が必要か、といったらそうでもないのかな。GEMSによって、今までよりもほんの少し高い所に行って見える景色が変わる実感。もしくは今まで通りのところにいても見る角度が変わる事で新しい発見をする楽しさ。そこからさらに上に行ってみたくなればそうすればいいし、新しく見えた別の風景に惹かれたならそっちへ進めばいい、みたいな。

上手く言えないですが、高くて険しくて絶対近づかないと思っていたような科学や数学の山もそのすそ野をたどってきたら自分の立っている地面につながっている、見方を変えればこの地面もその山の一部かもしれない、みたいな。自分もその上に今立ってるじゃん、みたいな発見ができるのがGEMSなのかなと思っています。

********************

うーん、とってもいい例え!起伏はあろうと、水の底だろうと、地面はつながっているのです。そのことに気づいていくプロセスの中にこそサイエンスの本質があるのかもしれませんね。