BLOG

2018年9月
大阪の小学校で恩返しワークショップ
2018年09月05日

大阪箕面市にあるアサンプション国際小学校で、出前授業と、職員研修をさせていただきました。

2年前からGEMSリーダーの先生を中心に各学年にGEMSの導入を進めてくださっているご縁の学校なのですが、先の大阪北部を襲った大地震、そして大雨では学校が休校になるなど、子どもたちへのストレスがかかる時期を過ごされていました。

GEMSをとても大切にしてくださっている学校なので、センターとして何か貢献させてもらえないかと打診して、今回の訪問が実現したのです。

午前中は小学2年生の子たちと『砂浜』のワークショップ。油が海岸に流出し、砂浜の環境とそこにいる生きものがピンチになるーというアクティビティを行いました。

このアクティビティの醍醐味は、各グループから1人ずつ前に出てきて違う場面を観察し、見たことを残りのメンバーに報告するところですが、グループごとに絵を描いたり、箇条書きで伝えたり、4コマ漫画にしたり、聞く人がわかりやすいように工夫していたのが印象的でした。

そして、油で真っ黒になった海鳥のショッキングな写真を見せるとき、

かも:各グループに写真を置いていくけど、きっとみんなギャー!とか叫ぶから、全部配り終わるまで裏のままにしておいて。

子どもたち:そんなギャーなんて言わへんよー(笑)

かも:めくっていいよー。

子どもたち:ギャァァァァァァァアア!!イヤァァァァァアア!!!

さすが大阪の子たち、2年生でも“振り”とリアクションがしっかりしている!
先生曰く「遺伝ですね」とのことでした(笑)

午後は、先生方と『たったひとつの海』と『世界の数学』にSDGs(持続可能な開発目標)を絡めたワークショップ。こちらもわいわい楽しかったなぁ♪先生方の探究に向き合う姿勢がとても素敵でした。

こちらから元気をお届けしたいとお願いした訪問でしたが、むしろ僕の方がエネルギーをいただきました^^
2学期からも素敵な先生と子どもたちがいるアサンプション国際小学校を応援しています!

▼アサンプション国際小学校のHP
https://www.assumption.ed.jp/primary/