BLOG

みんなちがってるんだから、みんないかそう
2018年12月22日

三重県で行われた第2回キャタリストフォーラムに参加させていただきました。
今回のテーマはSDGsということで、午前は『砂浜』、午後は『世界の数学』を使って体験型SDGs学習を紹介。三重ではまだまだ知られていないGEMSですが、たくさんの人が来てくださいました。

今日は特に、SDGsやアクティブラーニングを実現するには多様性を活かすのがポイントですよーという話をしました。そして、多様な子どもたちに寄り添うためには、教えるという一方向的な関わり方ではなくてファシリテーションという双方向的な関わり方がオススメですよーという話も。

子どもたちの多様性と、それに寄り添うファシリテーションを教育のベースにすると、SDGsの合言葉“誰もとり残さない”と、アクティブラーニングのどちらにもアプローチできると思うんです。

これからは多様性を活かしたMIE(Multiple Intelligence Education)の時代ですよー♪

※ MI理論(Multiple Intelligence)
人それぞれ異なる知能のバランスを活かして学ぶことを推奨する考え方。GEMSではすべてのプログラムに採用されている。