BLOG

“雑味”のある学びで思考を動かす
2018年12月28日

2018年のワークショップ納めは&EARTH教室というプロジェクトで環境教育に関わる大学生たちの研修でした。

三重でも好評だった『世界の数学』を使って環境問題やSDGsにアプローチできる思考力を育てるーというワークショップで、体温が上がるほど算数ゲームで遊び尽くしました。

最後のQ&Aコーナーで、「アクティブな学びをつくるポイントは何ですか?」という質問がありました。僕は「雑味があることですね」と答えました。スマートになるほど、抽象化するほど、学びは味気がなくなります。

例えば、「四角柱を斜めに切った断面の面積」を求める問題があります。そもそもこの四角柱は何なのでしょう?実生活で四角柱を斜めに切る場面ってあるのでしょうか?問題を解くのに不必要な思考が動かないように、無駄な情報を排除した感じがしますよね。

これが「ゴジラが上陸してきて光線でビルを斜めに切ってしまったので、雨が入らないように屋根をつけたい。どれだけの大きさの屋根が必要か」という問題ならどうでしょう?ちょっとだけ楽しくないですか?笑

問題の本質に関係ない情報が入っていると、ファンタジーが膨らみます。その“雑味”こそが思考を動かす原動力。楽しさが加わるだけでなく、余分な情報の中から解決に必要な情報を取り出すという力も育ちます。

リアル世界での課題解決は雑味だらけ。教科書の問題だけが得意な子にならないように、いろいろと工夫したいところですね。