BLOG

2019年4月
怪我の功名?
2019年04月18日

GEMSプログラム『グループソルーション』は、各自に与えられた情報カードを組み合わせることで答えを導く論理・数学系プログラム。

しかし、各セッションの答えはガイドには載っていません。グループの全員、そしてファシリテーターが確認してみんなが納得できればクリアーというGEMSらしいプログラムなのです。

実はこのガイド、お気づきの方も多いかと思いますが、何箇所か誤解を招きやすい表現があります。英語を訳したときに日本語のニュアンスがずれてしまったものなのですが、答えが1つに絞れない~と悶々としてしまいます。

そこで、最近はインストラクションに一工夫しています。「答えが1つに絞れる」と言わず、「情報を組み合わせて答えを導こう」とだけ伝えるようにします。自分たちで何回か確認して、スタッフにも確認してもらって、みんなが納得できればそれが答えだよー、と。

答えが1つでないかもしれない可能性があるだけで、探究はぐっと豊かになります。答えが1つになると言われたから“正解”を探すのと、いろいろ検討した結果1つの答えに落ち着くのとでは全然違いますよね。

怪我の功名ではないですが、答えは必ず1つになるという先入観を打破する良いきっかけにしてみませんか?

▼『グループソルーション』のガイド
http://japangems.shop-pro.jp/?pid=45205235

新元号の裏で…
2019年04月01日

新元号が「令和(れいわ)」と発表されましたね。
出典は、日本最古の歌集「万葉集」の「梅花(うめのはな)の歌三十二首」。発表後の談話の中では「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」と意図が説明されました。

しかし、ジャパンGEMSセンターでは、新元号に込められた裏のメッセージを解読しました。「令和(REIWA)」は、

Relaxing
Environment with
Interactive,
Warai, and
Art

「相互作用しあう、笑いとアートにあふれた心地よい環境(Relaxing Environment with Interactive, Warai, and Art)」を目指そうということではないのか!

そうに違いない!よし、目指そう!
ということで、5月以降のGEMSワークショップはREIWAな場づくりを大切にします!

以上、4月1日のひとりごとでした。