BLOG

2019年6月
ノリのいい探究をつくろう
2019年06月24日

GEMS Cafe in札幌「前のめりになるサイエンス〜秘密のレシピ」を実施しました!

今回のテーマは、理想の“のり”をつくること。あ、ペタッとくっつく方のね。塩、重曹、小麦粉、コーンスターチという4種類の(合法的な)白い粉を使って、自分たちの理想ののりをデザインします。

材料はシンプルなのですが、混ぜ合わせると…すごいことが起こるのですよ♪予想通りの結果にガッツポーズしたり、予想外の結果に驚いたりしながら、あっという間の2時間でした。

感情が動くと、学びはぐっと深くなります。“楽しい”を楽しいだけで終わらせない、“悔しい”を次の学びのエネルギーに変える。学習者の学びを真ん中にして考えると、教えるとは違うアプローチがやっぱり必要だなぁ。

客観的・論理的な「サイエンス」と、「前のめり」という言葉は一見交わりそうにないですよね。それが同居できるのはGEMSの魅力です♪

Happy Bubble Day!
2019年06月19日

JR武蔵小金井駅のイベントで『シャボン玉フェスティバル』やってきましたー!
シャボン液をたくさん用意しておいて、ブースに来た子からどんどん遊ぶ!ガンガン探究!

今回は屋外だったので風もあったのですが、大人たちが苦戦する一方で子どもたちはあっという間にコツを掴んでシャボン玉を生み出していきます。でも、どうやったら上手くできるのって聞いても答えられない不思議(笑)

2時間のイベントでしたが、2歳から大人まで30人以上が立ち寄ってくださいました。たまにはこんなラフなワークショップもいいなぁ♪

身近なところに探究のタネをまく
2019年06月09日

玉川学園幼稚部の先生たちの研修でGEMS。
今回は特にSTEAMなどの新しい視点を幼児教育にどう取り入れていくかというのがテーマでした。

『タマゴ タマゴ』と『液体の探検』を体験しながら、子どもたちの探究をつくっていく声かけのポイントや、教材の工夫、プログラムの構成などについてお伝えしていきました。

写真を見ていただくとわかるように、先生方の笑顔がとっても素敵で、子どもたちのようなピュアな探究心をお持ちで♪そんな先生方を見ていて、子どもたちの探究を促すものの一つは、この「目」だなぁと感じました。

どんなに言葉では子どもたちと同じように驚いたり、見入ったりしていても、目が伴っていないとすぐに本心でないことが伝わってしまいます。逆に、何も言葉を発さなくても、目線だけで子どもたちが安心感を覚えて探究が促されることもあります。

そういう素敵な目は、自分自身がどっぷりと魅力的な探究の世界に浸かる体験から養われます。本当は子どもの頃に味わっておく感覚を、大人になってからも感じられるのがGEMS研修のメリットかもしれませんね。

これから先生たちがどんな学びをつくっていくのか楽しみです^^

かも、能登に行く
2019年06月01日

石川県の世界農業遺産(GIAHS )「能登の里山里海」地域での教材開発ミーティングにお招きいただき、GEMS体験&アイディア出しワークショップを実施しました。

日本ではあまり知られていませんが、能登は次世代に継承すべき重要な農法や景観、文化、生物多様性を有する地域として国連食糧農業機関から認定されているのです。

遺跡や歴史的な建造物を保全する目的の世界遺産とは異なり、現在運用されている農業システム自体を保護しようとする世界農業遺産は、「生きる世界遺産」とも呼ばれています。

そんな地域の魅力たっぷりの教育プログラムをつくろうと、地域の先生や教育委員会、大学の研究者や国連大学のスタッフなどが集まりまった今回のミーティング。GEMSの『食べもので算数』で盛り上がりました♪

今回がキックオフなので、これからどんなプログラムをみなさんがつくっていくのか楽しみ!それにしても、こうやってお休みの日にもかかわらず教育のことを考えてくれる大人がいるって素敵だなぁ。

頑張っている大人たちの姿も子どもたちに伝えたいなと思った1日でした。

*SDGs三井のごっつぉ Project
http://ouik.unu.edu/news/2228