BLOG

英語で遊ぶ、英語で考える
2020年02月19日

英語でGEMS「Sink or Float ?」を開催しました。
今回は全編英語でお届けする初めての親子講座。はてさてどうなることやら。。

子どもたちが部屋の中に入ったときから、そこはもう英語オンリーの空間。進行も、ファシリテーションも英語です。

そう聞くとすごくハードルが高く聞こえますが、プログラムがシンプルな「浮く?沈む?」なので、実は使う英語はそんなに難しくないのです。

水に入れる前にWhat is this ?(これは何?)と質問。さらにSink or Float ?(沈む?それとも浮く?)と予想を聞き、Why do think so ?(どうしてそう思ったの?)と理由を確認します。このサイクルが何度もくり返されるので、子どもたちはどんどん慣れていきます。

親チームも同じように探究します。英語はI think~のように、日本語よりもI(私)が前面に出る言語です。だから、“〇〇くんのお母さん”のような子どものオマケではなく、親自身もI(私)の探究をするのは、子どもの英語マインドを育てるうえで大切なことだと思っています。

そうこう言っている間に、子どもたちの探究はどんどん熱を帯びていきます!からだを使って学ぶ体験学習コンテンツなので、英語を話すのに疲れてきても、黙々と探究する自由があるのがいいのかも。

言葉だけに寄らない英語学習って、おもしろい!

*「浮く?沈む?」が載っているガイド