BLOG

成長しました
2019年02月19日

今年度ジャパンGEMSセンターにインターンに来ていた“はるちか”こと元安遥親さんが先日のワークショップをもって、8ヶ月間のインターンを修了しました。

毎月ワークショップを一緒にやってきて、最後は自分でワークショップを組み立てる側に回るのが毎年の恒例行事。今年は『ペンギンとひなたち』をやってくれました。

人一倍繊細で優しいはるちかは、インターンを始めた当初は子どもに声をかけるのも緊張して、ふりかえりで何もできない自分に落ち込んでいることも多々ありました。

今回も本番直前までずっと不安で、心配そうな顔をしていましたが、始まってみるとしっかり声も出ていて、子どもたちと流れをつくっていきます。何より、子どもたちの状況に合わせて「もっとこうしてごらん」と僕が急に提案しても、動じることなくちゃんとついてくる!大したものです^^

子どもたちもそれに引っ張られるように、もっとこうしたい、次はあれやりたいと探究が広がっていきます。特に、ペンギンとそのエサになる海の生きものをつくるクラフトでは、時間になっても誰一人席を立たないぐらい没頭して、自分たちが満足のいく世界をつくり出していきました。

もちろんたどたどしいところもありますが、自分がうまく立ち振る舞えるかどうかではなく、子どもたちの学びに意識を向けていくのがファシリテーターですから、これでいいんです。立派なGEMSリーダーでした。

こうやって毎年学生さんが成長していく様子を間近で見ていると、その速度に驚かされます。そして、それは僕自身がGEMSをやるうえでのモチベーションでもあります。一緒に成長していきたいからね♪

ありがとう、はるちか!