BLOG

かも、再びブータンに行く #4
2019年10月19日

首都ティンプーから車で1時間ほどのパロという街にある教員養成大学でワークショップをしてきました。
パロはブータンで唯一の国際空港があり、ブータンの入り口ともいうべき大きな街。パロ教育大学には、小中学校の先生を目指す学生が約1,000人学んでいます。

今回は、一年生33人と算数をテーマに2時間のワークショップ。「池に飛び込めゲーム」と「3人のモリス」(それぞれ『カエルの算数』『世界の数学』より)をやりながら、正解が1つでない算数と、そこで育まれる力について考えていきました。

ブータンの教員は子どもたちにすぐ答えを教えたがって、考える時間をあまりとらないと各所から伺っていたのですが、まだ入学したての彼らは効率や成果より も考えることが大好き。わいわい話し合いながら算数ゲームを楽しんでいました。(ブータン人女子大生とモリスを本気でやって負けました笑)

素敵だなと感じたのは、学生たちに「算数って答えが1つに決まる学問だと思う?」と聞いてみると、ほとんどの学生が即座に「ノー」と答えるのです。でも、 「算数の成績つける時って答えが合っているかどうかで見がちじゃない?」と聞くと、それは「イエス」だそう。ブータンは小学3年生から数年おきに全国テス トがあって、その成績で行ける学校が決まったりするので、どうしても評価の最重要ポイントがその点数になってしまうらしいのです。

正解が1つじゃない算数をしたいけれど、それを評価する手法や仕組みがないから結局は知識重視になってしまうー。ブータンの教育課題の一つを垣間見たような気がしました。

 

ワークショップの最後に、学生たちにこんなメッセージを伝えました。

「子どもの頃に今のブータンの状況をイメージできてた人はいますか?(全員首を横に振る)そのぐらいブータンはどんどん変化していってるってことだよね。 じゃあ、みなさんがこれから担当していく子どもたちが大人になる頃は、どのようなブータンになっているかイメージできる?(また全員首を横に振る)

イメージできないとしたら、それは答えが1つに決まっていなくて様々な可能性があるということですよね。答えが1つに決まっている社会なら、その中で求め られている知識やスキルを与えればいい。でも、答えが決まっていない社会で生きる子どもたちを育てるなら、今日やったゲームと同じように、いま・ここを積 み上げていく学びを大切にするしかないと思うんです。

そして、その学んでいく過程を子どもたちが嫌になってしまわないように、楽しい学びが大事。今日皆さんが楽しそうにしている様子を見ていました。でも、楽しさも幸せも一人ひとり形が違います。こういう風に楽しめ!と限定されたら楽しめないですよね。

それぞれの形で楽しめる学びがあるクラスをつくっていってください。そういった学びが積み上がっていくと、国の幸せGNHにつながっていくのではないでしょうか?みなさんがブータンらしさの上に、新しい教育をつくっていってくださるプロセスをご一緒できると嬉しいです」

学生たちは真剣な顔をして聞いてくれました。スマホで録音しながら聞いてくれている子もいました。

終了後に学長の先生とお話しさせていただきましたが、ブータンらしく「過去を尊重し、今を大切にし、未来に想いを馳せる」ことができる先生を育てたいと仰っていました。西洋化ではない、ブータンの価値観に根ざした教育改革が始まろうとしています。