BLOG

2020年5月
「好き」から伸ばそう!
2020年05月28日

ジャパンGEMSセンター運営委員の本田恵子教授(早稲田大学)が監修する、「コノコテラス」(凸版印刷)という絵本サービスがあります。

脳科学に基づいてお子さんの個性を診断し、毎月お子さんにぴったりな絵本が送られてくるというもの。

そのサービスサイトで、本田先生が子どもの脳の発達と、親のかかわり方のポイントについてわかりやすくまとめたコラムが掲載されていました。

「絵本とふれあい遊びが育む こどもの脳」

9月入学の議論の中でも、子どもたちが置いてけぼりにされているという指摘がありますが、子どもたち一人ひとりの個性に寄り添った学びの必要性は日に日に高まっています。

その理由の一つは、コラムの中の一文にも表れています。
*****
自尊心(自分らしさを大切にする気持ち)や自己効力感(できそうと思える力)は、自分が好きなことや得意なことにじっくり取り組むことで育っていきます。

一方、言葉の発達が遅いからと単語を繰り返して覚えさせたり、運動が苦手だからとトレーニングさせたりすると「学び」と「苦痛体験」が同時記憶に残るので、「勉強は苦しいもの」、「どうせやっても無理」といくあきらめを起こしやすくなります。
*****

単純な学力だけでなく、その根っこにあるお子さんごとの個性に注目した教育が広がっていくといいなぁ。

コノコテラス

 
\新版出ました/
2020年05月01日

大人気の算数プログラム『カエルの算数』の改訂版が本日からAmazon限定で発売となりました!
内容は変わりませんが、より原著に近いように言葉やレイアウトを再構成してあります。

注文ページはこちら

「おうちでさんすうハンドブック」で紹介した以外にも、楽しい算数ゲームが載っています!対象年齢は4歳以上なのに、大人でも苦戦するから不思議。子どもが自分なりに試行錯誤して成長していく様子が見られるのも人気の秘密です♪

GWのおうち遊びにぴったりなアクティビティをぜひお試しください!

▼高学年には『世界の数学』もおすすめです。