BLOG

福祉と教育
2020年02月15日

埼玉県の母子生活支援施設で『カラーアナライザー』のワークショップを実施しました。
様々な事情から自立を目指す母子家庭を支援する施設ですが、その一環として学習支援も行っています。今回は、その特別版&職員研修として呼んでいただきました。

スタートはやはり緊張感に包まれていました。見知らぬ大人に対して警戒心を強く示す子もいれば、自分で考えようとしないで言われたことをやる無気力気味の子もいます。これまでの成長過程の中で大人に振り回されてきた影響は小さくないはずです。

だから、導入はとにかく丁寧に時間をかけて、この場の安全性と見通しを伝えることを大切にしました。少しほぐれて言葉出てきたら、そうだよ、それでいいんだよと声をかけながら学びに一歩踏み出す雰囲気をつくっていきます。

普段のワークショップに比べて子どもたちのスイッチが入るのに1.5倍ぐらいの時間がかかりましたが、一度壁を超えてしまえば誰だって新しいチャレンジがしたいのです。「うわぁ、おもしろーい!」「えっ、なんでなんで?」「あ、俺わかっちゃったかも!」いろんな声が出てきました。

 

秘密のメッセージづくりでは、一度失敗しても「次はこうやってみる」と切り替えて大人たちよりもアイディア豊かな作品をつくってくれた子どもたち。そろそろ時間だよーと伝えると「もう終わっちゃうの…?」と男の子。90分は短かったかなぁ^^;

最後に子どもたちには、こんなメッセージを伝えました。

「今日みんなを見ていて、うまくかなくても何回もやり直すことができていたのは素敵なことだと思ったよ。これは学習だけでなくて、日常のいろんなところで使えることだよ。うまくいかないからもういいや!なのか、うまくいかないから次どうしよう?なのか、どっちの道に行くのも自分で選べる。大人の言う通りにする必要はない。みんなは自分の人生を自分で選んでいけるよ」

終了後、1人の女の子が「次にかもとやるときもこの名札でいい?」と名札を持ち帰っていきました。うん、次も一緒にやろうね!また行くからね!