BLOG

オンライン研修toブータン
2020年07月24日
ブータンの教育関係者に向けたオンライン研修を実施しました。
オンラインということで、首都ティンプー以外の地方からもエントリーがあり、教育企業、小学校の先生、幼児教育センターの方などが参加してくれました。
研修のテーマは「探究のつくり方」。ブータンでも特に低学年の教育の見直しが進んできており、一方的に教え込むのではないアプローチを模索しています。
 
今回は『溶解について』というプログラムの中から、身近な粉(固体)を水に溶かしてみるとどうなるかという実験や、酢の中に生卵を漬け込んでおくとどうなるかという観察にチャレンジ。
最初の実験では、それぞれのお家にある砂糖や粉ミルクなどを水に入れ、かき混ぜるとどう変化するかを観察します。どうなった?と聞くと、何を当たり前なという様子で口々に「Dissolving(溶けてるよ)」と答えが返ってきました。
え、みんな違う粉を水に入れたのに、全部dissolve(溶ける)って同じ現象が起きたってこと?何で全部そう言い切れるの?その根拠は?と深堀りしてみると、「…え?」とみんなしばらく沈黙した後、「粒が消えたから」「それだけじゃなくて、液体の色が変わった!」「匂いもね」「飲んだら味も違うと思うよ?」と一気にディスカッションがお祭り状態に。
アクティビティはシンプルでも、こんな風に発問の工夫次第で深くサイエンスの世界に入っていくことができるんだよーと紹介しました。
さらに、粉を水に溶かすだけの行為が何でこれだけ盛り上がるサイエンスアクティビティになるの?というディスカッションへと発展。自分でやってみるって大事だねという意見が多く出ていました。
 
 
日本では当たり前に手に入るものが、ブータンではなかなか身近にないこともあります。モノに頼らない、ファシリテーションベースで行うGEMSは、地域を選ばずに実施できるのでブータンの先生方にもすぐ使えるアイディアだと好評でした。
「こういう研修がないから、早く次回もやって欲しい!」とリクエストもいただけたので、次は何をやろうかな~♪
オンラインの状況を楽しんでいるGEMSセンターでした。