BLOG

久しぶりの対面WS
2020年10月11日
今年で3年目となる専修大学でのワークショップを実施しました。
大学のレギュレーションに則って感染防止対策をしながらのワークショップなので、いつもとはだいぶ勝手が違います。授業もこの授業だけ以外はオンラインとのことで、学生さんもあまり打ち解けられていない様子です。
 
密にならなくても楽しめるものーと考えて、個人作業が多い光と色の探究『カラーアナライザー』を選びました。
回折格子で白い光を分光してみたり、いろいろなものを赤・緑のフィルムを通してみると色が変わって見えることを観察したりといった通常の流れに加えて、換気も兼ねてお外へGo!
 
構内を歩きながら、赤・緑のフィルムで見たときに色の変化がおもしろいものを探して写真に撮ってきてもらいます。コロナ下のワークショップでは、こうやって部屋外に出る活動が有効になりそう。
みんなが外に行っている間に喚起や消毒ができるし、どうしても制約が多くなる今のワークショップでは、自由に動ける時間をつくってあげることも大切です。
 
外での学生さんたちの様子を見ていると、いいリフレッシュになっている感じ。3時間という長丁場でしたが、楽しく終えることができました♪