• GEMSの指導者資格
  • 資格取得の流れ

GEMSの指導者資格

GEMSには、「リーダー」と「アソシエイト」という2つの資格があります。
また、資格保持者のための「スペシャリティ」というアドバンスワークショップがあり、ご自身の興味の方向性に合わせてスキルアップしていくことができます。

GEMS リーダー
GEMSの基本的な考え方を理解し、ファシリテーションスキルを有しているとジャパンGEMSセンターが認定したことを示す資格です。各地におけるGEMSの実施や普及活動を担う方たちです。
GEMS アソシエイト
GEMSの背景理論を理解し、臨機応変なファシリテーションスキルを有し、リーダー養成に携わることができるとジャパンGEMSセンターが認定したことを示すエキスパート資格です。豊富な実践経験をもつ指導者として、各地域における指導者養成をはじめ、大人を対象としたGEMSの実施や普及活動を担う方たちです。

 

リーダー・アソシエイトの方は、「フェロー」に申請することができます。フェローは指導者資格ではなく、各地域のリーダーたちのサポートをしてくださる方に贈る肩書きとなります。

GEMS フェロー
GEMSリーダー、及びGEMSアソシエイトの内、ご自身の地域においてGEMSネットワークの中心となり、新しく地域に誕生したリーダーを迎え入れるなど、地域のGEMSネットワークの拡大を担う方たちです。
資格をアクティブな状態にしておくためには

資格取得(更新)後2年以内に以下の条件を満たすことで、資格をアクティブな状態に保つことができます。条件を満たさなかったからといって資格が停止されるわけではなく、これまで通りそれぞれの現場でGEMSをご活用いただけます。ただし、ジャパンGEMSセンターから講師依頼をするのはアクティブな資格保持者の方に限らせていただきます。

A.GEMSスペシャリティ・ワークショップを受講する
GEMS スペシャリティ・ワークショップ

リーダー・アソシエイトがスキルアップ(スキルキープ)するためのアドバンスワークショップです。

毎回異なるテーマを設定し、深く掘り下げながら学んでいきます。スペシャリティWSで学んだGEMSプログラムは、リーダーであっても大人に対して提供できるようになります。

B.GEMSの事前計画/実施報告を提出する
C.センター主催のワークショップで講師を務める