• GEMSの指導者資格
  • 資格取得の流れ

GEMSの指導者資格

GEMSには、「リーダー」と「アソシエイト」という2つの資格があります。

また、資格保持者のための「スペシャリティ」というアドバンスワークショップがあり、ご自身の興味の方向性に合わせてスキルアップしていくことができます。
GEMS リーダー
GEMSリーダー資格取得ワークショップを修了し、GEMSの基本的な考え方やファシリテーションスキルを有しているとジャパンGEMSセンターから認定されたことを示す資格です。
GEMS アソシエイト
GEMSアソシエイト資格ワークショップを修了し、GEMSの背景理論の理解や、臨機応変なファシリテーションスキルを有しているとジャパンGEMSセンターに認定されたことを示すエキスパート資格です。この資格を取得することで、大人を対象としたGEMSワークショップを実施することができます。
資格をアクティブな状態にしておくためには
資格取得(更新)後2年以内に以下の条件を満たすことで、資格をアクティブな状態に保つことができます。条件を満たさなかったからといって資格が停止されるわけではなく、これまで通りそれぞれの現場でGEMSをご活用いただけます。ただし、ジャパンGEMSセンターから講師依頼をするのはアクティブな資格保持者の方に限らせていただきます。
A.GEMSスペシャリティ・ワークショップを受講する
GEMS スペシャリティ
GEMSスペシャリティ・ワークショップを修了すると、ある領域のエキスパートとしてジャパンGEMSセンターより認定いたします。 スペシャリティ・ワークショップで学んだGEMSプログラムは、リーダーであっても大人に対して実施できるようになります。
B.GEMSの事前計画/実施報告を提出する
C.センター主催のワークショップで講師を務める