ワークショップ

【小学5-6年生対象】夏休み科学者講座

【お申込み受付を終了いたしました】

プロの科学者のように、頭とからだをいっぱい使って身の周りの不思議を解明しよう!夏休みの山場「自由研究」のためだけでなく、考えることを楽しめる人を目指して、はじめの一歩をふみ出してみませんか?

※本ワークショップは修士論文執筆のための実践として、アンケート、ビデオ等のデータを取らせていただきます。

主催 ジャパンGEMSセンター
開催日 8/8(月)-12(金) *5日間連続
時間10:30-12:00 *10:00受付開始
会場 日能研恵比寿ビル7Fセミナールーム (東京都渋谷区) *地図・アクセス
対象 小学5-6年生
定員 10名 *先着順
参加費 18,000円(税込)
*初回参加時に受付でお支払いいただきます
キャンセル料 なし
講師 鴨川 光(かも)*ジャパンGEMSセンター 主任研究員
石橋玖実(くみ)*早稲田大学大学院教育学研究科 修士2年
内容 自分で考えることのおもしろさに出会える本物の体験!

近年、「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」が推進されるようになり、学校の授業の中でもグループで行う協働学習の機会が増えています。

そこで、科学と数学の体験学習プログラムGEMSと、協働学習を行うために必要な、上手に意見を伝えたり、聞いたりする力を育てるためのソーシャルスキルスキルトレーニングを合わせたプログラムを行います。

プロの科学者のように、頭とからだをいっぱい使って考え、話し合うことで、子どもたちの秘めた探究心を引き出します。

<プログラム例> ※プログラムは変更になる場合があります
1日目:自分だけの“のり”をつくろう
4種類の粉をオリジナルレシピで組み合わせて、自分だけの特別なのりを生み出します。

2日目:協力について学ぶ
グループメンバーそれぞれが違ったヒントを与えられ、それを組み合わせて答えにたどり着く課題解決にチャレンジします。

3日目:光と色のサイエンス
色ってどうして見える?光と色の関係について調査し、その発見を活かして特別なメガネを使った時だけ見える「秘密のメッセージ」を描きます。

4日目:学習について学ぶ
学ぶってどういうことだろう?自分の得意不得意って何だろう?迷路を使って、自分がよりよく学ぶために必要なことを考えます。

5日目:謎の物質を調査しよう
宇宙からきた謎の物質を調べるために、からだや道具を駆使してくり返し観察し、その結果を分析します。

<留意事項>
お申し込みに際して、以下の点をご理解・ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。

1.このプログラムは、5日間連続です。ご参加いただく場合は、体調不良や忌引きなどの緊急性のあるご用事以外は欠席することがないようお願いいたします。
2.このワークショップでは火器、薬物などを使用する実験は行いませんが、万一活動中や会場への往復中にお子様が怪我をされた場合、保険が適用されます
3.活動中の様子をビデオにより記録し、そのデータを修士論文研究のために使用させていただきます。お子様のお顔を撮影させていただくことをご了承ください。また、修士論文研究のため、アンケートへのご協力をお願いいたします。なお、この研究で得られたデータが、本研究の目的以外に使用されることはありません
4.この活動から得られた結果は、学術目的のために専門の学会や学術雑誌に公表されることがあります。その場合も、お子様のお名前や個人を特定できるような個人情報のプライバシーは匿名化により厳重に守られ、第三者にはわからないように配慮されます。
お問い合わせ 石橋玖実 *早稲田大学大学院教育学研究科 修士2年
メールアドレス:
備考

>>申し込みページ

申込締切:5/31(火)17:00迄