NEWS

こんな時だから、学ぶチャンスを増やします!
2021年01月27日

新型コロナウイルスの感染拡大によるステイホーム期間が長期化する中、家庭にあるものを使って探究がつくれるGEMSのアプローチを学びたいという声を多くいただいています。また、オンラインワークショップに取り組む中でこれまで出会えなかった遠方の方にもGEMSを知っていただく機会に恵まれ、東京にいらっしゃるのが難しい方にもGEMSを学ぶ場を提供したいと考えるようになりました。

そこで、GEMSリーダー養成講座の一部を切り出し、GEMSプログラムの体験と背景理論の講義を受けることができる「GEMSリーダー養成講座・入門編」を開講し、この先どのような社会変化が起きたとしてもGEMSの学びを止めないことを目指して一歩踏み出します!

 

<GEMSリーダー養成講座・入門編の概要>

■入門編は、オンラインでGEMSについて学ぶ講座です。GEMSの指導者資格「リーダー」の研修の一部を切り出し、GEMSプログラムの体験と背景理論の講義を受けることができます。
入門編を修了しても資格は発行されませんが、その後対面でのリーダー養成講座(開催未定)を受講することで、GEMSリーダーの資格を得ることができます。特にGEMSのファシリテーションを学びたい方は、対面での養成講座に併せてご参加ください。その際の参加費は半額となります。
リーダー資格を取得するために入門編の受講は必須ではありませんが、事前に受講しておくことでより豊かな学びにつながります。
■入門編のみだけ受講し、その先に進まない(資格を取得しない)ことも可能です。

>>詳細・お申込みはこちら

冬季休業のお知らせ(12月28日-1月11日)
2020年12月24日

ジャパンGEMSセンターは、2020年12月28日(月)~2021年1月11日(月祝)まで冬季休業となります。
お休み中もワークショップのお申込みやガイドブックの購入は可能ですが、返信・発送は1月12日(火)以降になりますので、予めご了承ください。

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大で大変な一年となりましたが、オンラインを活用してワークショップの幅を拡げることができました。特にブータンやパリといった海外とつないだり、病院の院内学級の子どもたちとワークショップするなど、これまで手が届かなかった子どもたちにGEMSを届けることができました。

1年間で行ったオンラインワークショップは40回。約600人のみなさんとわくわくを共有しました。
こうやって来年もたくさんの子どもたち、そして子どもの未をつくる大人のみなさんと一緒にGEMSをしていけたら嬉しいなぁとしみじみ思います。

2021年もたくさんの子どもたちに魅力的で夢中になれる学びを届けられるようモー進します!
みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。

ブータンと日本の子どもたちをつないで算数ゲームをした際の一枚

麹町学園女子との連携がはじまります
2020年10月08日

2021年度より麹町学園女子中学校・高等学校で始まるActive Scienceの取り組みについて連携させていただくことになりました。

学園の創始者である大築佛郎先生の「科学の目を開くことをはじめ、広い知識や教養を身につけた女性を育てる」という建学の精神を具体化するため、GEMSの理念やアクティビティを授業の中に取り入れていきます。

まずは来年度の新中1と中2から。探究とファシリテーションに比重を置いた理科カリキュラムが始まります。生徒さんたちの反応が今から楽しみです♪

下記のページで、麹町学園にお勤めの城之内先生(GEMSリーダー)のプレゼンテーションがご覧いただけますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

★Active Science特設ページ
★麹町学園女子中学校・高等学校

五十嵐美樹さんが特任研究員として着任しました!
2020年08月03日

「科学のお姉さん」として、テレビなどでも活躍されている五十嵐美樹さんが、ジャパンGEMSセンター特任研究員として着任いたしました。五十嵐さんには、GEMSの普及と、他分野とのコラボレーションによるサイエンスの発展可能性を追求するプロジェクトに取り組んでいただきます。

 

五十嵐 美樹(いがらし みき)

東京大学大学院修士課程修了。東京大学科学技術インタープリター養成プログラム修了。2020年春より東京大学大学院情報学環客員研究員。GEMSリーダー取得後、全国を飛びまわりながら科学実験教室や、特技のダンスを活かしたサイエンスショーを開催し、子どもたちが科学の一端に触れるきっかけを創り続けている。「ミス理系コンテスト」グランプリ、日産財団「第1回リカジョ賞」準グランプリ受賞。

>>オフィシャルサイト  >>YouTubeチャンネル

事務所一時閉鎖【延長】のお知らせ(~5/31)
2020年05月07日

緊急事態宣言延長の発表を受け、事務所の一時閉鎖も下記の通り延長することといたします。
この対応は、お客様および職員、理事、インターン生などすべての関係者の安全と安心を最優先とし、全職員が在宅勤務に移行することによるものです。

期間: 4月8日(水)〜5月31日(日)

これに伴い、電話でのお問い合せを上記の期間中は休止させていただきます。ご用の際は、お問い合わせフォームからご連絡をいただきますようお願いいたします。
またGEMSガイドの物販については、発送に通常よりもお時間をいただく場合がございます。お急ぎの方はAmazonからご購入ください。

今後とも日々更新される情報を注視し、最大限の対応を取ってまいります。
再びワークショップができるようになった暁には、GEMSらしい心から熱くなれる学びの場をご一緒しましょう!

みなさまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

『カエルの算数(改訂版)』Amazon限定発売!
2020年05月05日

大人気の算数プログラム『カエルの算数』の改訂版がAmazon限定で発売となりました!
従来のものと内容はあまり変わりませんが、より原著に近いように言葉やレイアウトを再構成してあります。

おうちでさんすうハンドブック」で紹介した以外にも、楽しい算数ゲームが載っています!対象年齢は4歳以上なのに、大人でも苦戦するから不思議。子どもが自分なりに試行錯誤して成長していく様子が見られるのも人気の秘密です♪

GWのおうち遊びにぴったりなアクティビティをぜひお試しください!高学年には『世界の数学』もおすすめですよ!

 
おうちで楽しい遊びと学びを!
2020年04月27日

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。地震などの自然災害の時もそうですが、子どもたちはいつもと違う周りの空気感や大人たちの不安そうな様子を見て、ストレスを溜めこみがち。そういう時、おうちの中で親子の時間を過ごすことが子どもたちにとって一番の癒しになります。

そこで、GEMSの低学年向けプログラムの中から、家庭にある物を使って少しの時間でも楽しめるアクティビティをまとめた『おうちでサイエンス ハンドブック』と『おうちでさんすう ハンドブック』を無料で公開しています。くり返し楽しめるアクティビティがばかりなので、何度もやりながら探究を深めていくことができます。

『おうちでサイエンス ハンドブック』(PDF)をダウンロードする

『おうちでさんすう ハンドブック』(PDF)をダウンロードする

また、ご飯をつくりながら探究を楽しめる『「きょう、なにつくる?」レシピ ハンドブック』もつくりました。お料理の中にはサイエンスがたくさん隠れています。しかも、探究が終わったらおいしいご飯が食べられるなんて一石二鳥♪載っているレシピをさらにアレンジして、自分好みの“秘密のレシピ”を探してみるのも楽しいですよ!

『「きょう、なにつくる?」レシピ ハンドブック』(PDF)をダウンロードする

学校の教科学習をカバーしたいという方は、文部科学省が小中高の各教科別にオンライン学習サイトをまとめてくれています。家庭科や体育といった実技系教科もあるので、おうちで時間割を組んで学ぶことができます。

子供の学び応援サイト(文部科学省)のページを見る

お子さんの気持ちのケアをしたいという方は、ジャパンGEMSセンター鴨川が運営している立ち上げた「遊び道具がなくても、“みんなで楽しく安全に”遊べる遊び」を紹介しているブログや、早稲田大学の本田恵子先生(ジャパンGEMSセンター運営委員)がつくった、災害や事件の際、子どもの心のケアに当たる大人のためのリーフレットもご覧ください。

「みんなで遊ぼう‐遊ぼう会」のブログを見る

「子どもの不安とその対応」を見る

(ちょっと一息)五味太郎さん「コロナ前は安定してた?」不安定との向き合い方

お外で遊べなくても、おうちの中でほっとする時間をつくってみませんか?

「きょう、なにつくる?」レシピ ハンドブック無料DL開始
2020年04月06日

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。地震などの自然災害の時もそうですが、子どもたちはいつもと違う周りの空気感や大人たちの不安そうな様子を見て、ストレスを溜めこみがちです。そういう時、おうちの中で親子の時間を過ごすことが子どもたちにとって一番の癒しになります。

そこで、ご飯をつくりながら探究を楽しめるハンドブックをつくりました。お料理の中にはサイエンスがたくさん隠れています。しかも、探究が終わったらおいしいご飯が食べられるなんて一石二鳥♪載っているレシピをさらにアレンジして、自分好みの“秘密のレシピ”を探してみませんか?

『「きょう、なにつくる?」レシピ ハンドブック』(PDF)をダウンロードする

また、GEMSの低学年向けプログラムの中から、家庭にある物を使って少しの時間でも楽しめるアクティビティをまとめたハンドブックも無料ダウンロードいただけます。

『おうちでサイエンス ハンドブック』(PDF)をダウンロードする

『おうちでさんすう ハンドブック』(PDF)をダウンロードする

学校の教科学習をカバーしたいという方は、文部科学省が小中高の各教科別にオンライン学習サイトをまとめてくれています。家庭科や体育といった実技系教科もあるので、おうちで時間割を組んで学ぶことができます。

子供の学び応援サイト(文部科学省)のページを見る

お子さんの気持ちのケアをしたいという方は、ジャパンGEMSセンター鴨川が運営している立ち上げた「遊び道具がなくても、“みんなで楽しく安全に”遊べる遊び」を紹介しているブログや、早稲田大学の本田恵子先生(ジャパンGEMSセンター運営委員)がつくった、災害や事件の際、子どもの心のケアに当たる大人のための資料サイトもご覧ください。

「みんなで遊ぼう‐遊ぼう会」のブログを見る

「事件、事故、災害時の危機介入のための資料室」を見る

(ちょっと一息)五味太郎さん「コロナ前は安定してた?」不安定との向き合い方

お外で遊べなくても、おうちの中でほっとする時間をつくってみませんか?

小学生自由探究コンクール「Exploration 2020春」募集開始
2020年03月03日

小学生を対象に、身の回りのふしぎを探究したチャレンジを募集する「Exploration(エクスプロレー ション)2020春」を開催します。参加方法はこのイベントページに動画を投稿するだけ。応募締切は3月31日(火)。

「Exploration」は、子どもたちの「なんでだろう?」「もっと知りたい!」ということをとことん調べて研 究し、形にするチャレンジの場。テーマもやり方も自由。結果が出ても出なくても応募可能。まさにフ リースタイルの探究コンクールです。

大切なのは、自分の知りたいことに対して仮説を立て、自分の力で調査・実験をして、わかりやすく人 に伝えること。他の人よりもすごいことをやろうとするのではなく、自分が知りたいことと徹底的に向き合ってみましょう!

※ジャパンGEMSセンターが長い春休みの小学生に向けてゆるっと始めた企画です。景品はありませんが、その日しのぎでない、じっくり腰を据えた学習をするきっかけに。

■Exploration 2020春
【対 象】小学1〜6年生
【応募方法】探究の内容・成果(途中でも可)がわかるような動画をFacebookのイベントページに投稿する。
【動画のルール】
・一本3分以内(どんなことが知りたくて、どんなことをやって、何がわかったかが説明されていること)
・探究した本人が話す(顔は出さなくてもOK)
・一人何回でも投稿OK ・結果が出なくても投稿OK(「ここまでわかったので、誰か続きやって〜」とパスあり)
【応募締切】3月31日(火)
【審 査】優劣をつける審査はありません。GEMSセンターからすべての投稿にフィードバックと次のステップへのアドバイスを贈ります。
【相 談】お問い合わせフォームから、探究のテーマ決めや進め方についてそうだんすることができます。

「おうちでさんすう ハンドブック」無料ダウンロード
2020年02月28日

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。地震などの自然災害の時もそうですが、子どもたちはいつもと違う周りの空気感や大人たちの不安そうな様子を見て、ストレスを溜めこみがちです。そういう時、おうちの中で親子の時間を過ごすことが子どもたちにとって一番の癒しになります。

そこで、GEMSの低学年向けプログラムの中から、家庭にある物を使って少しの時間でも楽しめるアクティビティをまとめた『おうちでサイエンス ハンドブック』を無料ダウンロードできるようにいたしました。

『おうちでサイエンス ハンドブック』(PDF)をダウンロードする

『おうちでさんすう ハンドブック』(PDF)をダウンロードする ※2/28追加

また、ジャパンGEMSセンター鴨川が東日本大震災の際に被災地の親子のために立ち上げた「遊び道具がなくても、“みんなで楽しく安全に”遊べる遊び」を紹介しているブログもあります。

「みんなで遊ぼう‐遊ぼう会」のブログを見る

お外で遊べなくても、おうちの中でほっとする時間をつくってみませんか?

さらに、ジャパンGEMSセンター運営委員でもある早稲田大学の本田恵子先生がつくった、災害や事件の際、子どもの心のケアに当たる大人のための資料サイトもご覧ください。子どもたちのケアの方法と同時に、ケアに当たる大人が無意識のうちに抱えるストレスへの対応も書かれています